忍者ブログ

古伊万里★新伊万里

劇作家・唐沢伊万里の身辺雑記です

カテゴリー「劇作家修業」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ミシュラン」三日天下

 テアトル・エコー研修生による卒業公演の稽古がいよいよ今日からスタートしました。
 今後、稽古の様子や公演情報などは別ブログにてお知らせしていきますので、あと3ヶ月ちょっと、ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
 新ブログのアドレスは以下の通りです。

 「テアトル・エコー研修生卒業公演応援ブログ」


 このページへは、右メニューのリンク欄からもとべます。
 あ、ちょっと待って!
 その前に、ここで皆様にお詫びと訂正があります。
 これを読まないままブログに行くと「え???」と思うかもしれません。

 そうなんです。
 「病院ミシュラン」はほんとにほんとにつくづく上演運のない作品みたいで。



 こんなお祝いまでいただいたのに(東山さん、ありがとう!)……結局諸事情により上演されるのはべつの作品になったんです。
 上演が決まったのは、5年前、名古屋で私のデビュー公演として上演された「マダム・ノアールの占い事件簿」「ファイティング・マザー」の2本です。

 なぜ「病院ミシュラン」が中止になったのかといいますと、まあ理由はいろいろあるんですが、やはり年齢からいっても男女比からいっても、今の研修生がやるのにはかなり無理があると私も演出も判断したからです。
 最初は新しく役を書き足すつもりでしたが、どうもそんな次元で済む話ではなくなってきて…。
 もともと「病院ミシュラン」は中年の男優がメインのお芝居。研修生は圧倒的に男優が少なく、しかもみんな役年齢の半分くらいの年齢の人ばかり。逆に女優は圧倒的に役の数が足りなくて、全員ダブルにしてもまだ3人足りないという状態。
 かといって、役の数を増やすためにもう1本べつの作品をつけるには「ミシュラン」は大作すぎるのです。

 その点、今回の2本ならば若い役の見せ場もわりと多くあるし、さわやか度からいっても卒業公演にふさわしい内容なのではないかと思った次第です。
 永井さんも「『ミシュラン』を上演することが悲願」という私の思いを知っているだけに、作品変更を言い出すのにかなり気を遣われたようで(笑)、おそるおそるといった感じでメールが送られてきたのですが、私は「他になにかいい作品ないかなあ」ともちかけられたときに、頭の中で薄ぼんやりとこの2本になるんじゃないかという予想はしていました。
 なので「この2本でいきたい」と言われたときは「ああ、やっぱり」という感じだったんですが…。
 でも今回はあくまでも研修生の卒業公演として成功させることが一番の目的なわけですから、合わない作品を無理やりやってもすべての人にとって不幸な結果を生み出してしまうだけです。
 というわけで、私もこの2本にして正解だと思います。

 とはいうものの、今までに何度も上演の話がもちあがってはいろいろな理由でつぶれていった「病院ミシュラン」は、ほんとにツチノコ(←古い)並に幻度が高いな〜と運のなさに驚いています。
 読んだ人から「これ今すぐ観たい!」「なんで上演されないの?」と言われるたびに「こっちが聞きたいよ!」と逆ギレしそうになってます。

 一方、「マダム・ノアールの占い事件簿」は、生まれて初めて書いた戯曲で、最初は30分ほどの小品でした。
 講評会では先生にメチャクチャ叩かれ、「こんなの芝居じゃない。TVだ」と言われたのは今でもトラウマ(?)になってるほどですが、これがなんと今回で上演3回目になるんですよ。
 短さが幸いしている部分もあるとは思いますが(2本立てのペアに使いやすい)、それでも賞をとったわけでもないこの作品が5年間で3回も上演されているのは、やはり強運といっていいと思います。
 もちろん、上演にあたってはその都度かなり手を加えましたし、今回も細かい部分で直しを重ねに重ねています(「ファイティング・マザー」も同様)。
 酷評した先生も、最初に上演されたときには喜んで観てくださってましたし、上演されるたびにそうやってグレードアップしていけるチャンスのある作品は幸せだなと思います。
 直しって、ただ机上でやってるだけでは限界があるんですよ。やっぱり形になった経験があって初めてわかることは多いですからね。

 だからこそ、「ミシュラン」も早く形になったものを観てみたいんですが……。
 ああ、いけない。愚痴モードになってきてしまいました。
 
 とにかく、演目は変更になってしまいましたが、卒業公演で作品が上演されること、東京デビューが果たされることには変わりはないので、一生懸命頑張ります。
 って、私が頑張る作業はもう終わったんだな。
 あとはサポーターにまわって研修生を盛り上げたいと思います。

 以上、めでたくもあり、めでたくもなしという微妙なお知らせでした。

拍手[0回]

PR

「病院ミシュラン」上演が決まりました!

 いろいろあってご無沙汰してしまいましたが、久しぶりの更新です。
 すでに周囲の方々にはボチボチと告知し始めているのですが、めでたいニュースが入ってきたのでお知らせします。

 テアトル・エコーの創作戯曲賞で佳作入選をとった「病院ミシュラン」がようやく上演されることになりました。
 賞をとったのが2004年の秋だから、かれこれ4年たちます。
 戯曲コンクールというのは、賞をとったからといって必ずしも上演されるわけではなく、新人の作品が上演されるのはいばらの道なんですが、この作品も今まで「上演」の話が何度ももちあがっては消えていきました。
 2006年の初めに一度稽古場リーディングをやってもらったんですが、それからまたパタッと話が途絶え、さすがにもう無理なのかなとあきらめムードになっていたところへの朗報でした。

 来年の2月13日(金)〜15日(日)、恵比寿のエコー劇場で、テアトル・エコー第5期研修生卒業公演として「病院ミシュラン」が上演されます。
 金曜の夜・土曜の昼・土曜の夜・日曜の昼の4回公演の予定。
 料金は2000円。
 演出は、一葉会でもお世話になった永井寛孝さんです。

 研修生は合計19名いるので、ほとんどの役がダブルキャストになります(つまり2パターン×2回公演ということですね)。
 男女比の関係もあってこれから女性の役を一人書き足すことになりそうです。
 「足す」といっても、「いかにもつけ足した風」にはしたくないので、今からいろいろ「足し方」を考えてます。
 私にとっては特別な作品なので(似たタイプの作品は他にひとつも書いてないという意味で)、今再び「ミシュラン」と向き合えることが嬉しいです。
 この4年で学んだことを投入して少しでもヴァージョンアップできたらなと思っております。

 詳細が決まったら随時ブログ上でもお知らせしていきますね。
 なお、「病院ミシュラン」についてさらに知りたい方は、稽古場リーディングのときに書いた記事「『病院ミシュラン』リーディング公演」(2006年1月26日投稿)を参照してください。

 余談ですが、私、今年の4月に箱根に行ってきたんですよ。
 いつも実践している旅行風水で。
 ご存知の通り、旅行風水の効果は4ヶ月後に出ると言われています。
 で、今回そういえばと思って数えてみたら……見事に4ヶ月後ですよ。知らせがきたのが。
 箱根神社すごすぎです!
 左側が効果ありときいて、参拝後に左側に絵馬を無理矢理おしこんできたという話はブログでも書きましたが(2008年5月14日投稿の「左寄りの絵馬」参照)、この絵馬には「ミシュラン上演が成就しますように」と書いたんです。
 かなった今だから言っちゃいますけど。
 もちろん、そのときは上演の話はみじんもありませんでした。

 じつは、今年の旅行月(効果が倍増する月)の10月に伊勢志摩に旅行する予定なんですが、その4ヶ月後というのが数えてみたら2月。
 「ミシュラン」が上演される月です。
 ここでまたなにか動きがあるといいな〜〜。

拍手[0回]

「一葉会」のオフィシャルサイトができました!

 お待たせしました!
 「一葉会」のホームページがようやくできあがりました(一葉会発足の経緯についてはこちらの記事を参照のこと)。
 ホームページはここです!

 今現在、公開できる情報はすべて載っています。
 キャストはまだ決まっていないのですが、現在交渉中。近日中に決定予定ですので、決まり次第その情報もアップします。
 公演まであと4ヶ月きりましたが、今後はこの一葉会オフィシャルサイト(?)で随時最新情報を載せていこうと思いますので、皆さん、ブックマークのうえ、時々覗きにきてくださいね。&周囲の方々にも宣伝よろしくお願いします!

 さらに、一葉会のブログも作りました(HPの表紙からとべます)。
 本編に載りきらない“はみだし情報”などはこちらで更新していきます。
 コメントも歓迎です。
 3人で頑張って更新していきますのでぜひぜひ盛り上げてください。

 以上、ご報告でした!

拍手[0回]

カウンタ

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
伊万里
性別:
女性
職業:
劇作家・ライター
趣味:
旅行 骨董 庭仕事

著作



「RE>PLAY〜一度は観たい不滅の定番」

Webサイトで連載していた演劇評をまとめて出版したものです。
「演劇って、興味なくはないけど何を選んだらいいのかわからなくて」………ビギナーが感じがちなそんな敷居の高さを取り払うために書きました。
数多い名作の中から「再演されたことのある作品」に絞り、 唐沢がお勧めの25本について熱く語りたおします。ビギナーからオタクまで、全種適用OK!

お天気情報

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- 古伊万里★新伊万里 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]