忍者ブログ

古伊万里★新伊万里

劇作家・唐沢伊万里の身辺雑記です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「病院ミシュラン」上演が決まりました!

 いろいろあってご無沙汰してしまいましたが、久しぶりの更新です。
 すでに周囲の方々にはボチボチと告知し始めているのですが、めでたいニュースが入ってきたのでお知らせします。

 テアトル・エコーの創作戯曲賞で佳作入選をとった「病院ミシュラン」がようやく上演されることになりました。
 賞をとったのが2004年の秋だから、かれこれ4年たちます。
 戯曲コンクールというのは、賞をとったからといって必ずしも上演されるわけではなく、新人の作品が上演されるのはいばらの道なんですが、この作品も今まで「上演」の話が何度ももちあがっては消えていきました。
 2006年の初めに一度稽古場リーディングをやってもらったんですが、それからまたパタッと話が途絶え、さすがにもう無理なのかなとあきらめムードになっていたところへの朗報でした。

 来年の2月13日(金)〜15日(日)、恵比寿のエコー劇場で、テアトル・エコー第5期研修生卒業公演として「病院ミシュラン」が上演されます。
 金曜の夜・土曜の昼・土曜の夜・日曜の昼の4回公演の予定。
 料金は2000円。
 演出は、一葉会でもお世話になった永井寛孝さんです。

 研修生は合計19名いるので、ほとんどの役がダブルキャストになります(つまり2パターン×2回公演ということですね)。
 男女比の関係もあってこれから女性の役を一人書き足すことになりそうです。
 「足す」といっても、「いかにもつけ足した風」にはしたくないので、今からいろいろ「足し方」を考えてます。
 私にとっては特別な作品なので(似たタイプの作品は他にひとつも書いてないという意味で)、今再び「ミシュラン」と向き合えることが嬉しいです。
 この4年で学んだことを投入して少しでもヴァージョンアップできたらなと思っております。

 詳細が決まったら随時ブログ上でもお知らせしていきますね。
 なお、「病院ミシュラン」についてさらに知りたい方は、稽古場リーディングのときに書いた記事「『病院ミシュラン』リーディング公演」(2006年1月26日投稿)を参照してください。

 余談ですが、私、今年の4月に箱根に行ってきたんですよ。
 いつも実践している旅行風水で。
 ご存知の通り、旅行風水の効果は4ヶ月後に出ると言われています。
 で、今回そういえばと思って数えてみたら……見事に4ヶ月後ですよ。知らせがきたのが。
 箱根神社すごすぎです!
 左側が効果ありときいて、参拝後に左側に絵馬を無理矢理おしこんできたという話はブログでも書きましたが(2008年5月14日投稿の「左寄りの絵馬」参照)、この絵馬には「ミシュラン上演が成就しますように」と書いたんです。
 かなった今だから言っちゃいますけど。
 もちろん、そのときは上演の話はみじんもありませんでした。

 じつは、今年の旅行月(効果が倍増する月)の10月に伊勢志摩に旅行する予定なんですが、その4ヶ月後というのが数えてみたら2月。
 「ミシュラン」が上演される月です。
 ここでまたなにか動きがあるといいな〜〜。

拍手[0回]

PR

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カウンタ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
伊万里
性別:
女性
職業:
劇作家・ライター
趣味:
旅行 骨董 庭仕事

著作



「RE>PLAY〜一度は観たい不滅の定番」

Webサイトで連載していた演劇評をまとめて出版したものです。
「演劇って、興味なくはないけど何を選んだらいいのかわからなくて」………ビギナーが感じがちなそんな敷居の高さを取り払うために書きました。
数多い名作の中から「再演されたことのある作品」に絞り、 唐沢がお勧めの25本について熱く語りたおします。ビギナーからオタクまで、全種適用OK!

お天気情報

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- 古伊万里★新伊万里 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]