忍者ブログ

古伊万里★新伊万里

劇作家・唐沢伊万里の身辺雑記です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

心に残った“ベストプレイ5”(2006年度)

 今年1年の観劇ランキングをしようしようと思っているうちに時間が流れ、気がつけばあとわすかで今年が終わってしまう時間に!
 というわけで、明けてしまわないうちにさくっとやってしまおうと思います。

 今年の観劇本数(数少ないオペラやバレエも含めます)は67本。去年が58本、一昨年が76本だからちょうど去年と一昨年の中間値といったところですね。
 さて、今年の「心に残ったベストプレイ5」は以下の通りです(括弧内は作者名。順位はなしです)。

 「ガラスの動物園」(テネシー・ウィリアムズ)
     《初台/新国立劇場小劇場》
 「忠臣蔵」(平田オリザ)
     《駒場東大前/こまばアゴラ劇場/青年団+文学座》
 「詩人の恋」(ジョン・マランス)
     《下北沢/本多劇場/加藤健一事務所》
 「戸惑いの日曜日」(三谷幸喜)
     《池袋/サンシャイン劇場/東京ヴォードヴィルショー》
 「夜の来訪者」(J・B・プリーストリィ、八木柊一郎)
     《六本木/俳優座劇場》

 ベスト5の日本作家と外国人作家の比率は、昨年3:2だったのが2:3に。といっても、「夜の来訪者」はもとが翻訳もので、その話を日本の作家が日本の話に置き換えているので、これを日本人作家とみなせば3:2ですね。
 国籍はテネシー・ウィリアムズとジョン・マランスがアメリカ、プリーストリィがイギリスです。

 正直なところ、今年は去年のプトゥーシキナとかラティガンみたいに「おぉっ」と衝撃を受けたものはありません。
 見た本数は去年より多いけど、「おもしろい」と思ったものは少なく、レベルが低かったといってもいいです。
 上記の5本にしたって新作&初演は1つもないです。
 「詩人の恋」は前にも観ているので良い作品であることはわかっていたし、「夜の来訪者」にしても元ネタの「インスペクター・コールズ」を観たことがあるのでどういう内容かは知っていました。「ガラスの動物園」は観たことはないけど戯曲は読んでいたのでこれまた内容は知っていたし。
 まあ、そういう意味で、予備知識がなくて純粋にびっくりしたのは「忠臣蔵」くらいでしょうか。

 「忠臣蔵」は四七士にちなんで47分で終わるという短編ですが、平田オリザらしさ炸裂のおもしろさ。
 無名の赤穂の侍たちが、部室にたむろする高校生のように、お城の一角でウダウダおしゃべりをしていると、「江戸で殿が刃傷事件を起こしたらしいよ」というニュースが飛び込んでくる。
 それを受けた侍たちが「討ち入りしよう」とか「デモンストレーションで切腹しよう」とかいろいろ討論するんですが、その討論の様子がメチャクチャおかしいの。
 こういうやついるいるって感じで。
 短編でもこんなにおもしろいものが作れるんだなーと思って、今年は他にも意識して短編をいくつか観ました。
 やっぱり短編になるとより作家の地力の差が出るような気がします。
 余談ですが、「忠臣蔵」で大石役をやっていた文学座の外山誠二さんがメチャメチャいい味を出していて、注目していたら「夜の来訪者」ではまったく違う雰囲気で出てきてびっくりしました。
 くしくも5本のうち2本にも出ているなんて縁があるのかも。

 簡単ですがこのへんで。
 昨年のベスト5を観たい方はこちらでどうぞ。

 今年も1年ご訪問ありがとうございました。
 来年もよろしくお願いします。
 うほー、ギリギリセーフ。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

毎週1本以上ご覧になった計算ですね

ぎりぎりセーフ、おめでとうございます。
テレビ東京で中継してる「ジルベスターコンサート」みたいなスリルがありましたね。
(今年は「威風堂々」だった)

ことしも楽しませてくださいませ。
わたしもいくつかお芝居を見たいです。
  • from 東山にしこ :
  • 2007/01/01 (00:08) :
  • Edit :
  • Res

ライティング・ジルベスター

東山さん。1年間、ネットでもリアルでも遊びでも仕事でもお世話になりました。

この記事は、アップしたのが3分前で、誤植をみつけてあわてて修正して再アップしたのが1分前。
まさにジルベスターの指揮者の気持ちでした。
こんなことしてたお陰で本物のジルベスターは観逃しちゃったよ。
誰かご覧になった方、どんな様子だったか教えてちょ。
しかしなんでそこまでしてムキになって日付が変わる前にアップしたんだろう。
今となってはそれほどムキになるほどの内容でもなかったような気が(笑)。
自分もライティング・ジルベスターをやりたかったとしか思えん。
拍手してくれたのは東山さんだけだけど。

お芝居、「観てみたいからおもしろいのあったら誘って」とよく言われるのですが、おもしろいかどうか最初からわかる方法があったら私が教えてほしいよ(笑)。
まあ、ある程度の経験値から「これはおもしろいかも」「これは××さんが好きそうかも」と判断して一定以上の確信がもてたらお誘いするんですが、その結果「………」な出来映えだったりすると、私が恥をかかされた気分になります(←そこまで思い詰めなくても)。
というわけで、ハズレが出ても恨まないでくれるなら(笑)今年もお誘いさせていただきます。
  • from 伊万里@管理人 :
  • 2007/01/01 (01:53) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カウンタ

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
伊万里
性別:
女性
職業:
劇作家・ライター
趣味:
旅行 骨董 庭仕事

著作



「RE>PLAY〜一度は観たい不滅の定番」

Webサイトで連載していた演劇評をまとめて出版したものです。
「演劇って、興味なくはないけど何を選んだらいいのかわからなくて」………ビギナーが感じがちなそんな敷居の高さを取り払うために書きました。
数多い名作の中から「再演されたことのある作品」に絞り、 唐沢がお勧めの25本について熱く語りたおします。ビギナーからオタクまで、全種適用OK!

お天気情報

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- 古伊万里★新伊万里 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]