忍者ブログ

古伊万里★新伊万里

劇作家・唐沢伊万里の身辺雑記です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋ドラチェック<後編>

 まだ録画して見てないドラマも約1本あるんですが、待ってるといつになるのかわからないので秋ドラレビュー後編いきます。

「ギラギラ」

じつは一番楽しみにしていたドラマ数本のうちの1本がこれでした。
火曜10時フジの加齢臭枠でやってほしかったわ〜。
蔵之介がホストなんて似合わないし、全然ギラギラしてねぇ!
という素人の思い込みを逆手にとって楽しませてくれることを期待。
たしかにホステスだと生活のために水商売してる子持ちのホステスとかいそうだけど、生活のために水商売する子持ちの男ってあんまり聞かないので(元ホストならわかるけど)、その設定だけでやられました。
いっそのこと奥さんいなくてシングルファザーでホストっていうのもおもしろいかも。
奥さんが本当の事知ったときのリアクションを核にするつもりなんだろうけど、どうも家に帰ると奥さんがきちっと家にいて家事も子育てもやってくれちゃってるのがつまんないなー。
家では所帯染みた家事や子育てや近所づきあいに追われ、仕事場ではバリッとした王子様になって女性を癒す……というのが見たい。
奥さんいらね。ていうか死んだ設定じゃだめ?(←勝手に殺す)
死んだ奥さんとの約束をやぶって子供のためにホストに復帰する男の話。
で、なにも知らずに子煩悩パパの顔に惚れる女がいて、一方ホストの顔に惚れる女がいて…みたいな話。どう?
今のところ、設定を生かしきるほどのおもしろさはまだないんだけど(つまらなくはない程度)、今後の展開に期待です。
それにしてもこの店はガラの悪いホストばっかりだなあ。
いろいろなホストがいる、っていうならわかるけど、どのホストもまんべんなくガラ悪いし頭悪そうだし安っぽい。
私が客ならこんな雰囲気の悪い店ヤダ。

「流星の絆」

今期、巷で一番の期待を集めているのがこれ。
東野圭吾をクドカンが料理っていうところがセールスポイントなのはわかるんですが、そもそもクドカンって脚色にむいてるんでしょうか?
オリジナルでのびのび書いてナンボの人なんじゃね?
私は原作読んでないので、「原作はこうなのに全然違う!」的な主張はないですが(今読み始めましたがあまりの分厚さに萎えてます)、まっさらな目で見てもドラマ「流星の絆」には違和感があります。
過去と現在が混在しながら進んで行くのはまあいい。
重い過去を背負ってるからって日常まで鬱々してるわけじゃないっていうのもわかる。
それにしても現在の3人は背負ってるものが見えなさすぎだし、3人で詐欺をしている話もごく当たり前のように出てきたけどこれまた唐突。詐欺パートがあまりにもマンガチックなクドカンテイストで浮いていたので、これは妄想で現実じゃないのかとすら思ってしまいました。
3兄妹が世間の他人とどうつきあってるのかも見えないので(出てくるのは店長とかポストイット上司とか変な人ばっかりで普通のキャラが出てこない)、「みんな遺族遺族ってうるさい。いつまで遺族やってりゃいいんだ」とか愚痴られてもセリフで説明されてるだけとしか感じられない。
3兄妹のやりとりにクドカンらしさを見せるくらいにとどめて、原作の骨格がわかるように脚色してくださいとしか今のところは言えません。
なんだか見ていて非常に落ち着かないドラマです。

「ブラッディ・マンディ」

初回2時間ってお願いだからやめて。
ただでさえ1週目は全部チェックするのに青息吐息なんですから。
ウィルステロとか、生々しい題材でちょっと見てるのがつらい。
誰が味方で、誰が敵か…という部分で状況が刻々と変わっていくおもしろさはありますが、正直「若い人が見るドラマだなぁ」という感じ。
吉瀬美智子はこの1年で急成長しましたね。
といっても、「ライアーゲーム」といい「魔王」といい今回のドラマといい、若い子向けの漫画っぽいドラマに記号的に出てくるいい女キャラみたいな役どころばかりなので、大人のドラマにうまく方向転換できるでしょうか。

「スクラップ・ティーチャー」

学園ものは苦手。ジャニーズも興味なし。
でも脚本が水橋さんときいて少し期待してたんですが、早くも脚本家変わってるし!
水橋さん、最近途中で人に渡すパターン多いなあ。ちょっとがっかり。
上地は「貧乏太郎」と演技同じなんですけど。かけもちするなら演じ分けてよ〜。
加藤あいはやさぐれてていつもと雰囲気違っておもしろい。
あの謎の転校生3人組が、毎回胸のすくような活躍を見せる話なのかと思いきや、必ずしもそういうわけでもないし、何がやりたいのかよくわからない話。解決の仕方も、状況が身もふたもないわりにはぬるいし。
身もふたもないといえば、「ヘリコプターとんできたの。『コードブルー』みたいだったよ」とか「ひょっとしてあなたは貧乏太郎?」とか他局のドラマタイトルを平気でセリフに入れ込むのってどうなんだろう。

「Room of King」

大宮エリーが今買いの脚本家と聞いて見たんですが……うーん、これもなにがやりたいのかまだよくわからないです。深夜枠だからいいと言われればそうだけど。
キャストにはこだわりを感じます。
井川遥は新境地開拓で頑張ってます。
渡部篤郎はいつもと同じです。
あと杏ちゃんの髪型が気になります(笑)。

「SCANDAL」

期待してなかったわりに意外に気に入ってるのがこれ。「アラフォー」とか「四つの嘘」とか見てた人が見そうなドラマだけど、これはさらにミステリ風味が加味されてる感じ。
だいたい女複数でガールストークするドラマって同級生とかお互いをよく知ってる仲良し同士にすることが多いんだけど、これは知らない者同士で、なおかつひとつだけ接点があるという設定なのがおもしろい。
また4人女性を出すとなると、「シングル」をまぜるとか「水商売系」をまぜるとか境遇にデコボコを作ってバリエーションを出すことが多いんだけど、全員既婚者でしかも夫がすべて社会的地位のある人っていう設定にしたのもポイント。だからみんなミョーにプライド高い。
桃井かおりはいつもの演技なんですが、次にどんなリアクションするのか目が離せない吸引力があるので、存在感は相変わらず抜群です。
鈴木京香、長谷川京子、吹石一恵もそれぞれしどころが与えられていて、このへんはさすがに井上由美子ですね。
そしてなんといっても小日向さん。やっぱり締めてくれます!
小日向vs桃井のやりとりは、ドラマファンとしてそれだけで贅沢な気分になれます。
タイトルからドロドロしたテイストを感じ取って「日曜の夜にこんなもの見たくない」と思う人もいるかもしれませんが、意外にライトタッチです。
ドロドロがあってもちょっと距離おいて冷静に描いてるっていうか、どちらかというと「おかしさ」が漂う感じです。
どちらにしても、今期大人が楽しめそうなドラマはこれと「風のガーデン」(嫌いだけど)くらいかな。

 以上チェック終了。
 「夢をかなえるゾウ」は未見。
 「セレブと貧乏太郎」と「オー!マイ・ガール!!」は1話で挫折。既視感がありすぎて次回への興味がまったくわかず。

 ところで、「イノセント・ラヴ」の2回目を見てびっくりしました。
 1回目のときに「ハウスクリーニングで入ったうちのアルバム勝手に見てんじゃねえよ」とつっこんだんですが、そんなのは全然かわいい(?)過ちでした。2回目ではなんとクビになった堀北が勝手にゆずの家に侵入!
 さらに信じられないことに、それを目撃したゆずが、彼女に個人的にハウスクリーニングの依頼を頼むという仰天展開。
 ありえね〜!
 なにがイノセントだよ。家宅侵入は立派な犯罪じゃねえか。
 しかも。
 ゆずの家の一番奥の部屋には人工呼吸装置をつけた寝たきりの恋人がいて、その部屋には入るなと業者には言い渡されてるんですよ。
 じゃあゆずの留守中はいったい誰が面倒みてるの?
 入院させろよ!
 この前は医者が往診にきて「急変があったらいつでも連絡を」とか言ってたけど、急変もなにもこの人フツーに家空けてるし!
 そもそもゆずは教会のオルガンひいて下手な歌うたってるとこしか見てないけど、それでなんでこんな豪邸に住んで週1でハウスクリーニングとか頼む暮らしができるわけ?
 そして医者に「自発呼吸がほとんどできてない」と言われていた寝たきり恋人は、ゆずに無理矢理ピアノの横に座らされていた。人工呼吸装置はずしていいの?
 いいのなら、嫉妬に狂った成宮が人工呼吸装置をはずそうと悩んでる図は意味ないよね?
 なんかもうとにかくすべてがその場その場の思いつきで動かされている感じで、バカバカしすぎます。
 次に落ちるのは……これかな。

拍手[0回]

PR

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カウンタ

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
伊万里
性別:
女性
職業:
劇作家・ライター
趣味:
旅行 骨董 庭仕事

著作



「RE>PLAY〜一度は観たい不滅の定番」

Webサイトで連載していた演劇評をまとめて出版したものです。
「演劇って、興味なくはないけど何を選んだらいいのかわからなくて」………ビギナーが感じがちなそんな敷居の高さを取り払うために書きました。
数多い名作の中から「再演されたことのある作品」に絞り、 唐沢がお勧めの25本について熱く語りたおします。ビギナーからオタクまで、全種適用OK!

お天気情報

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- 古伊万里★新伊万里 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]