忍者ブログ

古伊万里★新伊万里

劇作家・唐沢伊万里の身辺雑記です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブロードウェイミュージカルの歴史のお勉強

 早いもので、今日で松がとれますね。
 皆さんはどんなお正月をお過ごしでしたでしょうか。
 私は今年も細木先生の教えに従い、5日に正しい初詣に行ってまいりました。いつもの近所の氏神様へ。
 ホントは初詣は3が日までに済ませるのが望ましいらしいのですが、去年は3日に行ったら混んでてえらい目にあったので、今年は5日までひっぱりました(毎日寒くて外に出るのが億劫だったこともある)。今「全然正しくないじゃん」というつっこみがきこえてきましたが、まあ行かないよりはましということで…。

 ずらした甲斐あって神社はガラ空きでした。
 これまた細木先生の教えに従い、お賽銭はのし袋に入れて「上 ◯◯」と表書きまで書きましたが、ご大層なのし袋に包んだわりに中身は「小銭」……。開封したときの神様の舌打ちが聞こえてくるようです。
 そして恒例の「絵馬」を購入。本当は去年の絵馬をお焚きあげに出さなくてはいけなかったのですが、家に忘れてきて出せませんでした。
 最後に滅多にひかないおみくじをひいてみましたが、小銭がなくて家族から借金。「おまえ、もう帰れ!」って感じですね。
 おみくじの結果は「吉」。すごくいいこともない代わりにすごく悪いこともない。万事が平穏無事といったところ。
 うーーん。平穏無事は望むところなんだけど、今年はすでにいくつかただでは済みそうにない火種を抱えたまま年越ししているので、平穏な一年になるとはとても思えないんだが…。

 帰宅後、絵馬に書く内容の参考にしようと、部屋にかけっぱなしにしておいた酉年の絵馬の中身を一年ぶりにチェック。
 一昨年の絵馬はたしか「こりゃ標語だよ。願い事じゃないよ」という内容だったので、去年は心を入れ替えて一応お願い事っぽいことを書いたはず。
 なに書いたっけ〜。とワクワクしながら見たそこに書いてあった「願い事」とは…。

「つまらないことに腹をたてることなく、『明鏡止水』の心境で過ごせる一年となりますように」

 ……………………………………。
 負けた。負けたよ>2005年の自分
 たしかにお願い事の体裁ではあるんだけど、なんて困難な望みなんだ。
 「ジャニーズの若い子を相手役に指名して帝劇の舞台に立てますように」というほうがまだ現実的だよ。
 こんな高度な願い事を書かれたら、今年は何書くかプレッシャーじゃん(←べつに去年の自分に張り合わなくてもよろしい)。
 考えた結果、今年はシンプルにいきました。
 お願い事っつーか、「座右の銘」みたいですが。
 こうやって毎年正月に絵馬に望みを書いて一年間部屋に飾っておき、一年後の正月に自分が何書いたのか確認するとおもしろいですよ。他人に見られる心配もないし。本来、願い事は目に見えるところに飾っておいてイメトレするほうが実現率は高くなるような気がしますが、あえて見えないようにしておいて一年前に何書いたのかを確認するのもそれはそれで楽しい。絶対忘れてますから。

 話変わって。
 お正月はいろいろスペシャル番組をやっているので、普段の連ドラがなくなって楽できるかと思うと意外に拘束されるんですよね。
 その中でちょっと珍しかったのが1/1〜6まで、NHKが6夜連続で放送していた「華麗なるミュージカル〜ブロードウェイの100年」という国際共同製作のドキュメンタリー番組。
 6夜連続で見るのはけっこうきつかったけど、なんとか頑張って見通しました。ブロードウェイってまだ100年しか歴史がないんですねー。
 正直言って知らない作品や知らない曲が続くところは退屈したし、現代でもよく上演されるいわゆるメジャーな作品がつくられるようになった1960年代以降のミュージカルが5回目になってようやく登場するのは構成としてバランスが悪い気もしましたが、通観することによって発見できたこともたくさんあり、全体としては勉強になりました。

 ブロードウェイミュージカルの歴史は、日本で言うと大正初期くらいから始まるんですけど、途中何度も外圧によって存亡の危機に見舞われるんですね。「ハリウッド映画の台頭」「戦争」「TVの台頭」「ロックの台頭」「エイズ」「NYテロ」などなど。そのたびに「ブロードウェイはもうおしまい」と言われ、言われながら不死鳥のように蘇ってきました。
 最終的にブロードウェイを家族連れで楽しめるような治安のいい町にリニューアルしたのはディズニーなわけですが、ディズニー社の最高経営責任者の◯◯(名前失念)は「映画やTVで何千万の人が見たと言われても正直実感がわかない。しかし、劇場の観客の熱狂をまのあたりにしたときの手応えはなにものにも代え難い。だから舞台はやめられない」というようなことを言っていて、これは非常によくわかる実感だなーと思いました。
 映画のほうが簡単に回収できるのに対し、舞台はどんなにお金かけて作っても、評判が悪ければ即座に打ち切り。回収のめどさえつかなくなるというリスクの大きい興行です。なのに、映画やTVで散々儲けてるディズニーが、最終的に舞台に参入したというのはそれだけ「舞台でなきゃ得られないなんらかの魅力」にとりつかれたということなんでしょうね。

 6回通して、ミュージカルづくりにかかわった多くの作詞家や作曲家が登場しましたが、中でも抜きんでた才能だなーとつくづく思ったのはガーシュインとバーンスタイン。
 普通に「いい曲だな」「この曲好きだな」という曲を書ける才能(←それだけでもすごいことだけど)の作家はいっぱいいるんですけど、この2人はその中でも格が違う。なんというか曲に人間離れしたカリスマを感じますね。
 おかしかったのはソンドハイム。彼は、「ウェストサイド・ストーリー」に作詞家としてかかわっていましたが、本当は作曲家志望で、そのあとハロルド・プリンスと組んで何本もミュージカルを書くんですが、なぜか爆発的なヒット作というのが出ない。
 知名度はあるし、ステイタスもあるし、評価も高いんですが、大衆受けしないというか、よくある言葉で言うと「技巧派でひねった作品が好きで玄人受けする」というタイプ。
 私も何本かソンドハイムの作品は観ましたが、たしかに一般受けはしないかなーと思いましたね。アンドリュー・ロイド・ウェーバーみたいに少々「演歌」っぽいくらいのあざとさがないと多くの人の心はつかめないんでしょう。

 でもソンドハイムだって最初から「いいよ、俺は売れなくたって」とか思ってるわけじゃないと思うんですよ。それが証拠に、途中、ある作品が、評判がかんばしくなくて打ち切りになったとき、ショックのあまり「もう書かない。やめる」と言い出したこともあるらしい。結局、べつのプロデューサーと組んでまた復活したんですが。
 なのに、ナレーションでは「ソンドハイムは、たとえヒットしなくても価値のある作品を常に提供し続けているアーティストだ」みたいなまとめ方をされてて、なんだかなーと思いました。
 まだ生きてるのに、これから先もヒットしないと断言するかのような言い方をされてしまうソンドハイムって…(笑)。

 ちなみに、私の知っているソンドハイムの作品は、「カンパニー」「リトル・ナイト・ミュージック」「スウィニー・トッド」「INTO THE WOODS」「太平洋序曲」。
 ね。いまいちマイナーでしょ。
 ソンドハイムも、お正月の絵馬に「今年こそロイド・ウェーバーに負けないメガヒットを!」とか書いてるかもしれませんねー。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

お持ち帰り?!

絵馬、お持ち帰り出来るのですか!知りませんでした〜‥
来年の自分へ宛てた楽しみとしてのお願い事という、新しい絵馬の利用法を教えて頂きありがとうございました…
他人様のお願い事読んで、友人とゲラゲラ笑っていたバチ当りな鎌倉旅行を思い出しました。
「テストで50点とれますように」
と書かれていた絵馬に対して、
「名前書いてない時点で0点だよね…」
と呟いた友人のコメントが秀逸でした、、確かに名前書いてなかった!
  • from ベビ次 :
  • 2006/08/28 (01:20) :
  • Edit :
  • Res

せっぱ詰まった願い事

> 絵馬、お持ち帰り出来るのですか!

できるらしいです。神社で聞いたところ。
買うときに「テイクアウトでお願いします」っていうと包んでくれますよ(嘘)。
よく10年後の自分にあてた手紙を預かるとかいう企画がありますけど、10年となるとちょっと肩に力入っちゃうというか、気取ったこと書いてしまいそうですが、1年後の自分宛ならもっと気楽に書けそうだと思いませんか?
そんなものに利用されたら絵馬もムッとしそうですが。

> 確かに名前書いてなかった!

いや、その内容で本名を名乗るのは勇気がいるでしょう(笑)。
「神様なら誰の書いたものかわかるはず」という計算のうえで匿名にしたのかも。
それにしても50点って……その人の今までの最高得点はいったい何点だったのかが気になります。
目標ラインが低いとそれだけせっぱ詰まったものを感じますね。
たとえば宝くじでも「1億円当たりますように」というのは余裕ありますが、「1万円でも当たりますように」というと「ホントにお金ないんだな」という感じがひしひしと…。
神様もそういう願い事は重いだろうなー。
  • from 伊万里@管理人 :
  • 2006/08/28 (01:23) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カウンタ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
伊万里
性別:
女性
職業:
劇作家・ライター
趣味:
旅行 骨董 庭仕事

著作



「RE>PLAY〜一度は観たい不滅の定番」

Webサイトで連載していた演劇評をまとめて出版したものです。
「演劇って、興味なくはないけど何を選んだらいいのかわからなくて」………ビギナーが感じがちなそんな敷居の高さを取り払うために書きました。
数多い名作の中から「再演されたことのある作品」に絞り、 唐沢がお勧めの25本について熱く語りたおします。ビギナーからオタクまで、全種適用OK!

お天気情報

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- 古伊万里★新伊万里 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]