忍者ブログ

古伊万里★新伊万里

劇作家・唐沢伊万里の身辺雑記です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

房総仕込みの風邪

 岡崎朋美が「微熱」と片づけた38度前後の熱でクラクラしていた唐沢です。
 1月、2月と、周囲の人間が次々に風邪に見舞われるなか、なんとか細菌やらウィルスやらをしのいできた私ですが、ついにやられてしまいました……無念。

 原因は自分でもわかってるんです。
 1週間前、南房総に旅行に行ってきたんですが、天気予報も見て「東京より5度くらい気温が高い」ということを確認して薄着で行ったら見事に寒くて、その時点で敗北を覚悟したのでした(1日目はよかったんだけど、2日目で急激に冷えた)。
 お天気も最悪でした。
 1日目は「雨」の予報だったので、まあ天気の崩れは覚悟してたんですが、予想をはるかに上回る悪天候で、「雨」というよりも「台風」でした。
 館山に着いた時点で、もう傘は使い物になりませんでした。
 同行した友人とは、以前北海道に行ったときも暴風雨に見舞われ、6月なのに11度という信じられない過酷な気候を経験したことがあるので、「この人との食い合わせが悪いんじゃないだろうか…」とひそかに疑った私ですが、相手も同じことを疑っているようでした。

 今回の旅行は「風水開運旅行」なので、あまり観光の予定はなかったんですが、房総は思った以上にさびれた場所でした。
 なんというか、「平日だから空いている」とかそういう次元じゃなくて、1年を通して観光客じたいがほとんど来ないという印象です。
 観光施設も古びていて(というかほとんど朽ちていて)「30年前」くらいにタイムスリップした感じでしたし、お土産もロクに売っていない。
 かろうじて館山まででしたね。観光地っぽい体裁だったのは。
 館山駅の土産物売場はなかなか興味深いものがたくさん売られていて、よっぽどそこで買い込もうかと思ったんですが、今回はずっと荷物を持ち歩かなくてはならない旅行だったのでやめました。

 が、懸念した通り、そのあとは南へ行けば行くほど土産物を買う機会はなくなり、ついに最終到着地の白浜まできてしまいました。
 白浜は一応いろいろな方面にバスが出ている基点となる場所だし、なにかしらの土産物屋くらいはあるのではと期待してたのですが、やっぱり何もありませんでした。
 土産物屋どころか、屋内の待合室さえなく、外でブルブル震える羽目に。
 バスに乗ってお花畑にも行きましたが、吹きっさらしの畑はさらに寒く、屋内に避難しようにも屋根のある場所が見あたらない始末。
 結局、白浜までとんぼ帰りしました。
 お土産は、しかたがないので、いちごは果物屋で、菜の花は八百屋で、干物は魚屋で購入しました。

 でも食事はおいしかったです。
 荒れている房総の海もそれはそれで迫力あったし。
 宿泊したプチホテルの隣りにあるリゾートホテルでバリエステもやってきたし。
 が、帰りのバスの中で最悪の気分になる出来事が…。

 白浜から東京へ向かう高速バスの中でのこと。
 うっかり携帯の電源を切り忘れてしまい、携帯が鳴ってしまったんです。
 あわてて切ろうとしたんですが、狭い座席に荷物がパンパンに詰め込まれていたし、暗いこともあってなかなか携帯がとりだせなかった。
 ようやくみつけて電源を切ったところ、2列後ろにいた若い女性が血相を変えてとんできて

 「携帯の電源切ってくれませんかッ」

 とかみつくように言ってきたんです。
 まあそれは電源切らなかったこっちが悪いし、しょうがないんですけど、さらにイライラと吐き捨てるように「迷惑なんです。うるさい!」。
 あまりにヒステリックな調子だったのであっけにとられていたら、きわめつけに最後の捨てゼリフが。

 「このブス!」

 …………。
 うわー、驚いた。こんなこと言う人、ほんとにいるんだ。
 しかし一番気の毒だったのは、通路側にいたために携帯の持ち主と誤解され、私の代わりに「ブス!」と罵られた友人でした(笑)。
 「私、人にブスって初めて言われたよ…」とかなりショックを受けてました。
 ごめんね>R子


「館山ファミリーパーク」のポピー畑。
嵐のあとのわりにはちゃんと咲いてます。





「白浜フラワーパーク」付近で撮った菜の花。
菜の花はちょうどシーズンで、
道路脇は延々と菜の花が黄色いベルトのように続いていました。





房総名物の「なめろう」。
いろいろな魚で作るが、オーソドックスなのは鰺。
まあ、いってみれば「鰺のたたき」みたいなものだけど、
隠し味に味噌が入っていてわりとしっかりと味がついているのと、
全体的にねばりがあって固いのが特徴。
これを焼いたものが「さんが焼」。




「館山ファミリーパーク」の体験コーナーで作った押し花ポストカード。
パーツで売っている押し花キットを購入し、
葉書の上にレイアウトして上からシールを貼ります。
空気が入ってしまったり、静電気で花が動いてしまったりで、
なかなかうまくいかない。
でもまあ指が思うように動かないわりにはよくできたと思うのですが。




七浦のお花畑の露店で買った金魚草。
購入して5日目だけどまだまだ元気。
これで500円は安いです。


拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カルシウム不足?

ブスねぇ。
最近聞きませんね。この言葉。
何とか言ってやりたかったんでしょうねぇ。
努力の跡がうかがえます。
それにしてもカルシウムが足らないんだろうか?
伊万里さん、ダメじゃないですか。
犯人は自分ですって申告しないと。
可哀想なお友達。
  • from フランソワ :
  • 2006/08/30 (22:01) :
  • Edit :
  • Res

ブスと人に言う人

すいませーん。申告できる雰囲気じゃなくてー(笑)。
「ブスは私です! この人はブスじゃないんです!」っていえばよかったんでしょうか。
よけい火に油を注ぎますね、きっと。。。
私も「ブス」って人に向かって発してるところを初めて見ました。
「ブス」って、自分を卑下して言うときや笑いをとるときに使う言葉なのかと思ってました。
  • from 伊万里@管理人 :
  • 2006/08/30 (22:05) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カウンタ

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
伊万里
性別:
女性
職業:
劇作家・ライター
趣味:
旅行 骨董 庭仕事

著作



「RE>PLAY〜一度は観たい不滅の定番」

Webサイトで連載していた演劇評をまとめて出版したものです。
「演劇って、興味なくはないけど何を選んだらいいのかわからなくて」………ビギナーが感じがちなそんな敷居の高さを取り払うために書きました。
数多い名作の中から「再演されたことのある作品」に絞り、 唐沢がお勧めの25本について熱く語りたおします。ビギナーからオタクまで、全種適用OK!

お天気情報

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- 古伊万里★新伊万里 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]