忍者ブログ

古伊万里★新伊万里

劇作家・唐沢伊万里の身辺雑記です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

交通事故に遭いました

 長らくのご無沙汰でした。
 このブログに来られる方は、もうすでにほとんどの方が「ご無沙汰」の理由をご存知かと思いますが、7月に「乳がん」を告知されました。

 このことについては、私自身過去にいろいろな病歴があって、普通の「乳がん患者」と同じように治療ができないという事情があるので、別ブログを別HNでたちあげ、そちらで詳細に経過をアップしています。
 その結果、自然にこちらでの更新が滞るようになってしまいました。この3ヶ月というもの、来る日も来る日も病気にエネルギーを注ぐ毎日だったので。
 もちろん、お芝居もとんとご無沙汰です。

 今日は、久々に病気以外のネタがあったのでこちらで書きます。
 といっても決して明るいネタではないんですが。

 病気はかなりの経歴をもっている私ですが、事故や怪我についてはあまり経験がありませんでした。
 が、昨日、40代後半にして、ついに出会いました。

 自転車事故。

 その昔、私の母も祖母もこれで大けがを負ったので、自転車事故のこわさはよく知っていました。
 車道も歩道もコウモリのようにすり抜けて行く(車側にも歩行者側にも入れる)自転車は、動きが読めないだけに非常に危険です。
 が、夕べ遭った事故はそんな次元を超えていました。

 時刻は夜の11時半。
 私は帰宅途上で、「あと5分足らずで家に到着」という川沿いの道を歩いていました。
 川沿いの道は灯りが少なく、人通りも少ない。
 今考えるとなぜ昨日に限ってそんな道を歩いていたのかわかりません。
 いつもなら、明るい時刻は川沿いの道、夜遅くなったら大通り沿いの道、というように分けて進路をとっていました。
 なのに、昨日は気がついたら川沿いの道を進んでいたのです。
 母の事故のときもそうですが、事故に遭うときって「魔が差す」っていうか、なんか無意識にいつもと違うことをしていることが多いんですよね。

 私は道の端を歩いていたんですが、突然、ほんとに「え?!」というほど突然、自転車が真っ正面から猛スピードで激突してきました。
 薄暗闇で、無灯火なので、直前まで気配がなく、まったくの不意打ちでした。
 私は身体ごと吹っ飛び、後ろのアパートの壁に思いっきり後頭部を打ち付けました。
 ただ、不幸中の幸いだったのは、壁際に何台か自転車が駐輪していたので、自転車の中につっこむ形になり、壁に直接激突という形ではなかったということです。

 私はなにが起こったのか理解できず、しばらくは混乱状態でした。
 自転車に乗っていたのは大学生くらいの若い男で(でも暗くて顔がよく見えない)、自転車からおりて私のそばで「大丈夫ですか」「大丈夫ですか」と何百回も繰り返し続けました。
 咄嗟に感じたのは「この人、飲んでるな」ってことでした。
 かすかに酒臭いし、行動や言動がどことなく緩慢な感じでした。
 一生懸命身体を起こそうとするんですが、その人の身体もあまりしっかりしていない感じで、「気持ち悪い。近づくな。触るな」ともがきましたが、自力で立ち上がるのも簡単にはできない状態で、混乱のあまり過呼吸になってきました。
 若い男はますます動転して「大丈夫ですか」を繰り返し、私のほうもどうしていいかわからず、完全に思考がストップしてしまいました。

 これまた「この日に限って」人通りがいつもにも増して少なく、一回ビジネスマン風の人が通ったんですが、あっという間に通り過ぎてしまいました。
 こういうとき、普通なら加害者が救急車を呼ぶとかするんでしょうが、その男はただオロオロと「大丈夫ですか」という言葉をオウムのように繰り返すだけでなにもアクションを起こそうとしない。
 大声をあげる余裕もなかったし、他人に助けを呼ぶ余裕もない。
 携帯で家族や警察に電話する事も考えたけど、家族は(これまたよりによって)滅多にない不在だったし、どちらにしろすぐにかけつけることはできないだろうと思いました。
 昼間で、まわりに人通りもあって、という状況ならいくらでも選択肢はあったと思うのですが、薄暗くて、人がいなくて、自分は動けなくて、目の前には酔っぱらっているらしい若い男がいて…という状況は、はっきり言ってかなりの恐怖でした。

 とにかく人のいるところに一刻も早く移動したくて、私は必死に立ち上がりました。
 立ってみたら、痛いのはぶつけられた左膝だけで、頭はなんとかしっかりしているようでした。
 できればあと少しで自宅なので家に帰りたかったけど、さすがに興奮のあまり普通に歩くことができませんでした。
  男はいよいよオロオロしながら「家まで送りますけど」と言うので、「けっこうです。それより連絡先を教えてください」とフラフラしながらやっとの思いで言ったのですが、「え…れん…らく先って…えと…いや、そんなちゃんとしたものはなくて…」とボソボソ言いながら狼狽している。

 男をあらためて見ると、こんなに涼しいのに薄っぺらいTシャツ1枚で、いかにも貧しそうな風情(人の事は言えないけど)。
 「これは連絡先をきいたところで、治療費はおろか、タクシー代も出せそうにないな」
 打ち付けられた頭でぼんやりと考えていたら、今度は「病院、行きますか? 近くにあるけど」と言ってきました。
 ここでまたフラフラしながら考えました。
 「近くの病院ってK病院のことか。普通の状態だったらなんてことない距離だけど、この状態であそこまで歩けるだろうか。頭打ってるから一応検査したほうがいいんだろうけど、でもあの病院、脳外科ないんだよな…」
 混乱してるんだけど、妙に細かいことばかり頭に浮かんでくるのが不思議でした。

 迷った末、私は一番近くにある交番(歩いて数分)まで行きたいと言いました。
 交番にさえたどりつけば、なんとかしてくれる…。
 とにかく頼れる人がいて、灯りのあるところに早く行きたかったのです。
 男は、「わかりました。交番でもどこでも行きますよ」と言い、自分の自転車を川沿いに停めると、私と一緒に交番にむかって歩き始めました。
 途中、「荷物、持ちますから」と重いリュックも持ってくれました。
 そのままひったくられたら…ということも考えなかったわけではないですが、そのときは本当に「できることはなんでもしますから」という姿勢が伝わってきたので、黙って預けました。

 ところがです。
 暗闇に交番の灯りが浮かび上がり、あと数十メートルというところまできたとき、突然男がピタッと歩みをとめて、私の行く手を遮るように前にまわりこみ、私の顔を見て「怪我、してますか? どこか腫れてたりしますか?」と言ったのです。
 「なに言ってるんですか。どういう意味ですか。頭打ってるんですよ」と言いながら前へ進もうとすると、さらにそれを阻みながら「いや、してないですよね。どこも腫れたりしてないですよね。怪我してないじゃないですか。だったら俺、行きませんよ。行くことないですよ」と冷静な声で繰り返し、抵抗し始めたのです。

 「サタンがついた」とクリスチャンはよく言いますが、この瞬間、私は「これがそうか!」と確信しました。
 今までと声色もまったく違うし、声は冷静なのに行動はまったく冷静じゃない。見ていて背筋がぞっとしました。
 交番の灯りが、彼の中で「このまま行ったら危ない」というスイッチを作動させたのでしょう。
 一方、私は、交番の灯りが見えたとたんに落ち着きを取り戻し、気力がよみがえってきました。
 「逃げるんですか」
 その問いに対し、彼はサタンの声ではっきりと「はい」と返事しました。
 身震いするほど暗い声でした。

 交番はすぐそこなので、お巡りさんを呼ぶために騒ぐことも考えましたが、そこの交番はいつも夜間はパトロール中で無人のことが多いのを知っていた私は、「灯りがついているからといって油断はできない」と判断しました。
 こんなところで争っても、相手が逃げ出すのは簡単なことだし、この状態で相手を追いかけるのは不可能。それに、下手に刺激して逆ギレされたらかえって危険です。
 私は渾身の力をふりしぼってリュックを相手から奪い返し、「もういいです! 一人で行きますから!」と叫び、最後に「寝覚めが悪いですよ」と捨てゼリフを吐いて足をひきずりながら交番に向かいました。
 男は、キリストに「行け」と命令されたユダのように、一目散に逃げていきました。

 交番は思ったとおり「無人」でした。
 受話器をとるとすぐに杉並警察署に通じるようになっている電話が置いてあり、まずは受話器をとって「事故に遭った」という状況を話しました。
 それから警察と救急車が到着するまでの長かったこと。
 そこにはデスクだけで椅子もなかったので、地べたにうずくまりながらひたすら助けを待ちました。
 15分ほどで、近所に住んでいた弟と、パトカーがほぼ同時に到着。
 さらに救急車と事故警察が到着し、事情徴収を受けました。

 相手の顔と自転車の特徴を教えろと何回も聞かれましたが、とにかくほとんどが薄暗がりの中だったので、自転車に関しては「音の感じからして、それほど頑丈なものではないごく普通のママチャリレベル」としか言えませんでした。
 男については、年齢が20代前半くらいで、身長が170センチ程度。やせ形で白っぽい半袖のTシャツにあまり黒っぽくないパンツ、ゆるくパーマのかかった長めの黒髪で、目が一重で離れていたこと、くらいしか覚えてない(強いていえば中村俊輔のようなタイプ)。

 事情徴収のあと、救急車に乗って20分ほど離れた外科病院へ(脳外科と整形外科のある一番近くの病院はそこだったので)。
 脳のCT と膝の外傷は問題なしということで、そのまま帰宅しましたが、脳の障害は時間がたってから出ることがあるので、当分油断はできません。
 また、頭を打っているということは、当然頸椎にも衝撃がきているということだから、後遺症としてはそっちも心配です。

 乳がんというだけでも重い荷物なのに、いったいどこまで荷物が増えるのか。。。
 自分も自転車事故で大けがを負ったことのある母は、「頭を打った」と聞いて半狂乱で、落ち着くまでが大変でした。
 私もまだショックがさめやらないです。

 それにしても、乳がんと言われてから3ヶ月、生活も節制して夜の外出なんて滅多にしてなくて、こんなに帰宅が遅くなったのは2回目くらいなのに…。
 川沿いの道なんていつもは歩かないのに…。
 あとから「どうしてこんなことしたの?」とか「こうすればよかったのに」とか言うのは簡単ですが、実際誰もが常に完璧な行動をしているわけではありません。

 人間である限り、事故に遭う可能性は誰にでもある。
 そしてひとたび遭ってしまったら、その先は瞬時の判断で運命が変わってしまう。
 ある意味、判断の余裕がある病気よりももっとこわいと思いました。

拍手[0回]

PR

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カウンタ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
伊万里
性別:
女性
職業:
劇作家・ライター
趣味:
旅行 骨董 庭仕事

著作



「RE>PLAY〜一度は観たい不滅の定番」

Webサイトで連載していた演劇評をまとめて出版したものです。
「演劇って、興味なくはないけど何を選んだらいいのかわからなくて」………ビギナーが感じがちなそんな敷居の高さを取り払うために書きました。
数多い名作の中から「再演されたことのある作品」に絞り、 唐沢がお勧めの25本について熱く語りたおします。ビギナーからオタクまで、全種適用OK!

お天気情報

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- 古伊万里★新伊万里 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]