忍者ブログ

古伊万里★新伊万里

劇作家・唐沢伊万里の身辺雑記です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

冬の避暑地

 ようやく公演が終わって一息ついたら秋も終わりに…。
 ということで、骨休めに大好きな軽井沢に行ってきました。

 軽井沢といえば「避暑地」の代名詞。
 夏は人口が一気に10倍になると言われているほど混雑します。
 昔は定石通り夏に行っていましたが、あまりにも混んでいてどこに行くにも行列すること、夏だけ物価が高くなること、巷で言われるほど涼しくないこと…などの理由から、最近は気候がよくてなおかつ人も少ない春(新緑)と秋(紅葉)を選んで行くようにしていました。

 今年もできることなら紅葉シーズンに行きたかったのですが、公演が終わるまではとてもそんな余裕はなく、行けるとしたら12月以降。
 さすがに寒そうなので諦めようと思ったのですが、いやいや、こういうときでもなければ「冬の軽井沢」なんてわざわざ行かないかもしれない、これはいい機会かも…とポジティブに思い直し、「寒さ上等!行ったろーじゃねーか!」……という勢いで行ってまいりました。

 軽井沢を避暑地にしたのは外国人宣教師たちなので、軽井沢には教会が多く、クリスマスもけっこう気合いを入れて祝うようです。
 特に有名なのは軽井沢高原教会のイルミネーション。
 クリスマスシーズンになると、毎週末の夕方にカウントダウンとともにイルミネーションの点灯セレモニーがおこなわれるのですが、今回はそれを見てきました。

 都会のクリスマスイルミネーションもいいですが、森とイルミネーションの組み合わせも幻想的ですてきでした。
 しばし寒さを忘れて写真を撮りまくりましたが、夜がふけるにつれてだんだん手がかじかんできて、なおかつ暗くなるとシャッタースピードも遅くなるため、撮影条件はどんどん過酷に…。
 手ぶれ気味ですがご容赦を。

 教会に到着したのは5時ちょっと前。
 一年で一番日没が早い時期ですが、まだ完全に暗くはなっていません。

 


 徐々に空の色が闇に溶けていき、

 


 午後5時、牧師の挨拶とともに、聖歌隊が登場。
 ハンドベルが鳴り響きます。



 そしてカウントダウンとともにツリーと周囲のイルミネーションが点灯。

 


 5時30分からは、教会の中でハンドベルコンサートがありました。
 5曲くらい演奏がありましたが、一番よかったのは「見上げてごらん、夜の星を」。
 いかにもハンドベルにふさわしい演奏で、編曲もきれいでした。 

 今夜はクリスマスイブ。
 最後に、軽井沢でみつけたいろいろなツリーをアップします。
 皆様、よいクリスマスを!

 
教会の敷地内に設置された絆のリボンツリー。
祈りを込めて配られたリボンを皆でツリーに結びつけていきます。



教会に隣接するホテルブレストンコートのラウンジに飾られたツリー。


 
宿泊したホテルの庭とラウンジの出窓


 
夕食をとったレストランで<左>
ハルニレテラスのカフェから<右>

拍手[0回]

PR

カウンタ

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
伊万里
性別:
女性
職業:
劇作家・ライター
趣味:
旅行 骨董 庭仕事

著作



「RE>PLAY〜一度は観たい不滅の定番」

Webサイトで連載していた演劇評をまとめて出版したものです。
「演劇って、興味なくはないけど何を選んだらいいのかわからなくて」………ビギナーが感じがちなそんな敷居の高さを取り払うために書きました。
数多い名作の中から「再演されたことのある作品」に絞り、 唐沢がお勧めの25本について熱く語りたおします。ビギナーからオタクまで、全種適用OK!

お天気情報

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- 古伊万里★新伊万里 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]