忍者ブログ

古伊万里★新伊万里

劇作家・唐沢伊万里の身辺雑記です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トリノが待ち遠しいぞ!

 女子フィギュアのトリノ代表が決まりましたね。
 いやー、全日本すごいよ。トップ6が全員出場して、しかも代表がかかる真剣勝負ときたら、これはもう盛り上がるなというほうが無理です。
 この6人は、誰が代表になってもおかしくないレベルなので、それこそ代表選考の場がすでにオリンピックレベルというハイレベルの争いでした。

 それにしても、安藤が入ったのには驚きましたね。6位だったのに…。
 それ以前の持ち点(貯金)が多かったからというのが理由だそうですが、6位でもトップ通過で代表に決まるくらいの持ち点があるなら、あんなガチガチに緊張する必要なかったのに…。
 ある意味「代表選考には関係ないノンプレッシャーな立場」の浅田と同じくらいリラックスできたのでは?
 「私はもう決まったも同然だから。皆さんはこれからなのね。お気の毒。私と一緒にトリノに行くのは誰かしら。楽しみに待ってるわ」くらいの態度で臨めば5位以上にいけたかもしれないよ。まあ、所詮は結果論ですが。

 個人的には荒川を応援していたので、代表に入ってくれて嬉しいです。
 スルツカヤとか、ホルキナとか、姫川亜弓(?)とか、女王然としているタイプが私の好みなので、そういう意味では荒川に頑張ってほしい。
 荒川が初めてオリンピックに出たとき(長野)の映像は笑えますよ。
 「ちょっと待ってよ」っていうくらいイモっぽくて、ガキっぽくて、ギクシャクしてて、色気もそっけもないの。
 それが8年たつとあんな女王様になっちゃうんですからねー。女ってすごい。
 真央ちゃんの8年後はどんなお姉さんになっているのか楽しみ。
 真央ちゃんといえば、弟の柿右衛門いわく「なんか北朝鮮の天才少女のような匂いがする」。たしかに…(笑)。
 女王様キャラには天才少女キャラがつきものなので、荒川と浅田を見ているといろいろ妄想がふくらんで飽きません。
 たとえば、真央ちゃんがニコニコ滑ってると、荒川がわざと邪魔をするように前へ出て真央ちゃんがころんでしまう。そこで荒川が一言。
 「あーら、ごめんなさい。花束拾ってる子供かと思っちゃったわ」  
 マンガなんかだと、ここで真央ちゃんは大事な試合前なのにケガをしてしまうんだけど、その逆境をはねのけて優勝しちゃったりするんですよね。
 で、それを見た荒川が凍り付いたような表情で言うの。
 「なんて子なの……浅田真央……おそろしい……」
 すいません。すべて脳内妄想です。

 一方、男子は「コンピュータミス」というわけのわからない判定ミスで順位の逆転がありました。信成くん、気の毒でしたね。そのコンピュータソフトの名前は「MITSUNARI」というらしいです。嘘です。
 ていうか、もう信長ネタで見出し作るのやめろよ(←自分もやったくせに)。「17代目の天下統一」とか「天下分け目の合戦に敗北」とかさ。信長は関ヶ原の戦いには参加してませんから!
 アイスダンスの日本代表があまりにも下手くそだったのを見た父親は「織田と中野を組ませて出場させりゃいいじゃん」と大胆発言。
 あまりの場当たり的コメントに「そういう問題じゃないよ!」とつっこもうとしたものの、けっこう見てみたい自分もいて反論できませんでした。

 オリンピックのシーズンには、a href=http://www.ne.jp/asahi/imari/dejiteki/ target=_blank>ホームページに毎回期間限定で「Imalympic Board」という掲示板をたてて皆で盛り上がるんですが、トリノもまたやる予定です。皆さん、ぜひ書き込みにきてください。ともに盛り上がりましょう。

<訂正とお詫び>
男子の採点ミスを導いたコンピュータソフトの名は「MITSUNARI」ではなく「MITSUHIDE」でした。年越すまで気がつかなかった私はバカ。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

「ワン・モア・ジャンプ」がおすすめ

わはは! 最高に笑わせて頂きました。
そうか、光秀の陰謀であったか!!
女子の前座のごとく扱われ、その上採点ミスになる織田っちが可哀相でなりませんでした。あのオイオイ泣きじゃくるところが好きで〜v

女性陣はとてつもなく面白かったですね〜。
母の友人の子供(遠い)がホテル勤めで荒川選手の応援のために会場に行っていたらしいのですが、最終グループは本当にオーラやテクニック、もう全てのランクが素人目にも明らかに違ったそうです。

北朝鮮の(あ、違うか)天才少女を見る度に赤石路代の「ワン・モア・ジャンプ」なる漫画を読み返してしまいます。
今では当たり前になっている3連続ジャンプとかストレートラインステップとか、
「な…なんてすごい技なの! 見たことない!!」
とイチイチ騒がれていて面白いのでオススメです。
主人公が真央と同じ匂いがします。
スルツカヤキャラもいる上、採点法が5.9 , 6.0 , 5.8…というものなので懐かしいですよ。
  • from ベビ次 :
  • 2006/08/25 (15:38) :
  • Edit :
  • Res

スポ根マンガ

なに〜! 私の好きなスルツカヤキャラが登場?!
それは見逃せん。織田キャラはいますか?(笑)

スポ根もののマンガって昔のほうが盛んでしたね。
バレーボール、テニス、バレエもたくさんありました。
少ないけど、「宝塚もの」もスポ根に近いジャンルかもね。

今思いだしたけど、水泳マンガもあったな。
泳ぎながらすさまじい津波(?)を起こして、隣りのコースで泳いでるライバル選手の泳ぎを乱す…なんて必殺技をどこかで見た記憶があります。

まともな技だとすぐに現実に追いつかれて古くなっちゃうけど、こういう荒唐無稽な技(技なのか?)は時代を問わず新鮮ですね。

「アタック№1」の“三位一体攻撃”はいまだに意図不明で、どんな技なのか、具体的に何がすごいのか、何回見てもよくわかりません。
  • from 伊万里@管理人 :
  • 2006/08/25 (15:43) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カウンタ

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
伊万里
性別:
女性
職業:
劇作家・ライター
趣味:
旅行 骨董 庭仕事

著作



「RE>PLAY〜一度は観たい不滅の定番」

Webサイトで連載していた演劇評をまとめて出版したものです。
「演劇って、興味なくはないけど何を選んだらいいのかわからなくて」………ビギナーが感じがちなそんな敷居の高さを取り払うために書きました。
数多い名作の中から「再演されたことのある作品」に絞り、 唐沢がお勧めの25本について熱く語りたおします。ビギナーからオタクまで、全種適用OK!

お天気情報

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- 古伊万里★新伊万里 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]