忍者ブログ

古伊万里★新伊万里

劇作家・唐沢伊万里の身辺雑記です

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

台風の名前

 うわ〜ん。もう9月だよ!
 8月なんてあったっけ。というくらい今年の夏はバタバタしてました。しかもバタバタしているわりには能率が悪く、9月にはこの傾向がさらに強まる予定。
 あー、早く10月になってくれないかな(←それ、なんの解決にもなっていないのでは)。

 それにしてもすごいですねー。あっちでもこっちでも台風が猛威をふるっていて。
 うちは東京都杉並区の川沿いにあるので、何人かの方から「大丈夫? 溢れてない?」とご心配いただいたのですが、お陰様で無事です。
 というか、私、ちょうどその頃に名古屋に行ってました。向こうは全然雨なんて降ってなかったので、東京の水害のことも知らずにいたのですが、4日の夜に家から「そっちは大丈夫なの?」とホテル宛に電話がかかってきてようやくニュースに気づいた次第。
 家族の話では、翌朝車庫の前の敷石がズレていたそうです。つまり溢れた雨水で押し流されたということですが、翌朝はもう水がひいてしまっていたため、母は

 「もうッ。誰なの。こんないたずらしたのは!」

 と憤慨していたそうです(笑)。
 それにしても、前から思っていたんですが、アメリカではどうして台風にいちいち名前をつけるんでしょうか。
 番号のほうがいいじゃん。今年何個目の発生か一目瞭然でわかるし。
 東山さんとも言ってたことがあるんですが、自分の名前がつけられたらいやじゃないですか?
 今回で言うと全米の「カトリーナ」ちゃんは学校でいじめに遭ってるんじゃないだろうか。「おまえのせいでうちは全壊したんだぞ」「そうだ。謝れよ」「弁償しろ」とか言われて。
 昔は女の名前をつける習慣だったのが、それじゃ差別だってことで男女の名前を交互につけるようになったってきいてますが、名前をつけることじたいが差別につながるんじゃないの?
 名前のほうが「ああ、あのときの…」って思い出しやすいからなのかな。
 だったら特に被害の大きかった地域の名前でいいじゃん。「伊勢湾台風」みたいに。

 台風の話はこのくらいにして、名古屋の話を。
 今回の名古屋旅行は、

 9/3(土)→愛知万博
   4(日)→市内観光&夜に名古屋公演のメンバーと顔合わせ
   5(月)→名古屋の友人と会う

 というスケジュールでした。が。大幅に狂いました。
 今から何回かに分けてその報告をしたいと思います。
 ちなみに、今回の旅行の同行者は、TDSのプレビューで過酷な1日をともに過ごした「土方歳三の子孫」でおなじみの“ドカちゃん”です(ホームページの「TDSへの挑戦〜それでもあなたはTDSに行きますか?!〜」を参照)。
 ホームページにアップするのはけっこう手間がかかるので、まずはブログでレポートをアップし、全部終わってからまとめてホームページに移すことにします。
<追記:2006年8月20日>

 ブログで全11回にわたってアップしてきた「万博残酷物語」は、ホームページに移しましたので、そちらでご覧ください。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

かわりにうちの近所の川が…

かわりにといっては何ですが、うちの近所の川があふれて避難勧告が出ました。
前にもあふれたばかりの川なんで、被災した人たちは気の毒であります。

翌朝、東京版の朝日新聞の1面にまで「○○区避難勧告」と書かれ地図まで載っててあせりました。歩いて10分のところの人たちが2階まで水に漬かってたことをあとで知り、私は団地住まいでこういうときは被害は僅少なんで、無意味なうしろめたさを持ってしまいました。
団地住まいは台風のときはむしろ加害者になりがちなので、風のときはベランダの物干し関連や鉢植え、プランターの土が飛ばないようにし、雨のときはといをふさいでいないかチェックを…。ま、そんな苦労で済むならしろ、ってかんじですね。

ふだんは川があるからこそ冠水をまぬがれているんですけどね。

翌日会社で心配してもらったのはありがたいけど、東京でもメジャーな川ではないので、何度言ってもほかの川と勘違いされてぐやじがっだでず。さっきもだれかが取引先の人に「東山さんは近所の神田川があふれてね」と話しているのが聞こえました。被害妄想による幻聴かもしれませんが。

4日、私は徹夜明けで家にひきこもっていたのですが、夜8時すぎに所用ができ、近所まで出かけて帰路でひざまでの冠水に遭遇してしまいました。ニシコ台風をナメてたよ。勝手におのれの名前つけるな>私
出かけるときはまだ小雨、団地の駐車場で近所の人たちが、夏の名残を惜しむようにプチ花火大会をしていました。
「今頃、しかも雨のなかで花火してやんの」と思いながら通りましたが、向こうは「これから台風来るのにわざわざ出かけるんだ」と思ってただろうなあ。

> カトリーナ

英語でいうキャサリンにあたる名前のようですね。
わざわざスペインふうにしてつけているのがまたナゾ。

> まずはブログでレポートをアップし、
> 全部終わってからまとめてホームページに移す

そのブログ活用法は、たいへんナイスだと思います。
  • from 東山にしこ :
  • 2006/08/19 (15:00) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カウンタ

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
伊万里
性別:
女性
職業:
劇作家・ライター
趣味:
旅行 骨董 庭仕事

著作



「RE>PLAY〜一度は観たい不滅の定番」

Webサイトで連載していた演劇評をまとめて出版したものです。
「演劇って、興味なくはないけど何を選んだらいいのかわからなくて」………ビギナーが感じがちなそんな敷居の高さを取り払うために書きました。
数多い名作の中から「再演されたことのある作品」に絞り、 唐沢がお勧めの25本について熱く語りたおします。ビギナーからオタクまで、全種適用OK!

お天気情報

ブログ内検索

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- 古伊万里★新伊万里 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]